新社会党
サイトマップ  お問い合わせ

とめよう戦争・貧困・原発・辺野古新基地建設
週刊新社会
今週の新社会
参院選・改憲発議を許すな
護憲野党で1/3奪取
参院選が6月22日に公示され、7月10日の投開票まで18日間の熱戦が始まった。安倍首相はアベノミクスは道半ばとして国民をたぶらかし、野党分断へ猜疑心の淀みを全開、悪罵を浴びせている。真の焦点は改憲議席を許すかどうかだ。参院定数242、改選121議席。首相は自公で改選議席の過半数61を目標に掲げるが、真の目標は改憲4党で78議席の獲得だ。対する野党が目指す改憲阻止のハードルは54議席。護憲派候補を支え、改憲阻止の輪を広げよう。

続きへ
道しるべ
高浜1、2号機
はじめに20年延長≠りき

内閣府の特別機関の一つで日本の科学者の内外に対する代表機関である「日本学術会議」が、戦争協力への反省から戦後堅持してきた軍事目的の研究を否定する原則の見直しに向け検討を始めた。科学者は再び戦争協力の道を歩むのか。


 続きへ
震災特集へ



 
 ・週刊新社会
 
 ・バックナンバーを読む

 Concept of Socialist Party(道しるべ英訳)
 ・憲法/平和
 ・労働
 ・教育
 ・経済
 ・世界の動き
 ・『週刊新社会』号外
 ・各地の号外
 
 
購読の申し込みはこちら 見本紙の申し込みはこちら

→プライバシーポリシー について
トピックス
呼びかけ
「戦争法の廃止を求める統一署名」にご協力を!
 →チラシのダウンロードPDF
 →署名用紙のダウンロード 
  署名概要PDF 署名用紙PDF 署名用紙WORD

声明 
社会民主党比例を全力で支援しよう
憲法アピール
  
チラシのダウンロード
メーデーアピール  
チラシのダウンロード
声明 安全保障関連法(戦争法)施行に際して
声明 米韓合同軍事演習は即時中止し平和協定交渉へ

見解 
核抑止論からの脱却をー朝鮮の核実験と衛星打ち上げに関する見解
見解
 参議院選挙での共同 どうすれば実現できるか