新社会党
  1. トップ
  2. 週刊新社会
  3. 今週の新社会
  4. 2016.1.1
 
安倍政治を止めたい
長南博邦(新社会党書記長)×橋本美香さん(歌手)


 安倍政権は平和を壊し、労働と生活の基盤を突き崩した。デフレ脱却は遠く、株価だけが吊り上がった。女性の活躍も絵空事、介護も医療も年金も確実に給付減・負担増。アベノミクスは破綻し、6本の矢は地に落下。そこへTPPと消費税増税が襲い、大企業栄えて民衆が苦しむのは確実だ。フクシマを棄民して原発再稼働、沖縄を取り戻すことなく、戦後民主主義は空洞化した。国家があらゆる問題に介入し、世界観なき国家主義が奇妙に活気づく。アベ政治は許さない! 新社会党結党20年の新春対談にシンガー・ソングライターの橋本美香さんをお迎えした。


長南博邦(新社会党書記長)
長南 橋本さんの『脱がない、媚びない、NOと言えるアイドル』を読ませていただきました。
橋本 ありがとうございます。
長南 私たちの世代はアイドルとは
橋本美香さん(歌手
とても縁遠い世界です。
橋本 私が制服向上委員会に入ったのは1995年、高校1年生の時でした。歌が大好きで、芸能界へのあこがれもあって、オーディション雑誌を見て応募したところ合格したのです。
長南 私は小さな会社の社長ならなれるだろうと、小さな製薬会社に入って、生産性を上げて売り上げを伸ばしたら人が余り辞めていく、これはおかしいなと労働組合の活動を始めました。で、38歳で議員になり、かれこれ30年になります。
橋本 私も20歳までが勝負と歌一本に絞り、気がついたら20年。現在はソロ活動をしています。
長南 制服向上委員会とは珍しいネーミングですね。
橋本 きっかけは学校の制服を紹介するビデオを制作したこと、その後制服向上委員会が結成されました。今では最も息の長いアイドルグループです。
長南 社会派アイドルとか反戦アイドルとか呼ばれていますが。
橋本 生きることは政治と関わるということ。声をあげることは、特別ではありません。例えばポイ捨て禁止やイジメ追放キャンペーン、脱原発・反戦アクションなどにも参加しています。モットーは「清く、正しく、美しく」。これは最初から変わっていません。
長南 福島第一原発事故の後、「ダッ!ダッ!脱・原発の歌」が評判になりました。私なんか、あんなに政治的な歌を歌って大丈夫かと心配しますが。
橋本 制服向上委員会はテレビの仕事はほとんどしていません。テレビだとスポンサーがついて発言が難しいことがありますがその点、私たちはライブが中心なので社会的な歌も発信しやすく、全国各地の集会でも歌っています。誰かが声をあげなくてはいけないし、その誰かとは自分たちのことなのだと。
長南 若い人に限らず、政治というととても毛嫌いする風潮が根強くあります。私の経験でも、入社のときに提出する履歴書に支持政党を書く欄があり、教授が無難だと言うので「自民党」と書いて出すと面接で今時の若者には珍しいねと言われて、実はと話して採用されました。
橋本 今では考えられないですね。3・11以降、多くの集会で歌わせていただくのですが、若い人の参加が少ないからぜひ来てくださいと言われてきました。でも昨年の安保法案をきっかけに若い世代が声をあげたのは大きいですね。みんなが政治の話を敬遠しない、無関心ではないとわかりとても心強かった。声をあげてつながっていけることも。
長南 私どもの世代は労働組合などの動員で集会をしました。今の若い人たちはネットでつながり、顔を知らなくても共感して集まる。政治が変わる過程にあるのですね。
橋本 18歳から選挙権が認められてせっかくの機会。投票の仕方のシミュレーションだけではなく、もっと政治の中身に触れる教育に力を入れるべきではないかと思いますね。
長南 私は20歳の時から棄権はしないという思いできました。
橋本 せっかくネットが発達し、知る方法は街頭演説や政見放送だけではなくいくらでもある、もっと政治に関心を持とうと提案しています。長南 今の選挙法はあれもダメ、これもダメと制限するべからず集です。候補者の人となり、どういう社会を創りたいのかということがほとんど議論されません。ネットも誰もがアクセスできるわけではありません。少なくとも高校生には政治や社会の基本を教えてほしい。
橋本 形式的ではなく。
長南 それから、高校生には、労働者は団結できる、労働基準法には働く者の権利が書いてある、年休は権利だという労働者教育が必要です。何も知らないとブラック企業に入って自殺に追い込まれかねない。若い人たちのことで、私が一番気にしているのはそこです。
橋本 そうですね。高校ではそういうことは学びませんでした。家でも政治の話が自然に出るような工夫が必要ですね。
長南 若い人が政治に興味を持つようになったのは、ある意味では安倍政治のおかげです。私の頃は高度成長期で、平和国家の中で生活できました。今は戦争に踏み込んだ中での生活ですからね。
橋本 私には1歳の男の子がいるから、子育てしながらデモに行く若いママやパパはすごいなと思います。それだけ子どもの未来に不安を感じている人が多いのに、安倍さんは耳を貸そうとはしませんでした。原発問題にしても自宅に戻れない被害者が大勢いるというのに、東京オリンピックに多額のお金を使うなんてひどい。
長南 ベトナムの平和村を慰問されていますね。
橋本 ええ、アメリカ軍が散布した枯葉剤の被害に苦しみながら社会復帰を目指している人たちの施設です。
長南 私はポーランドのアウシュビッツの国立博物館を見学し、昨年は初めて朝鮮民主主義人民共和国を訪問しました。信川郡にある朝鮮戦争の博物館を観ましたが、米軍の戦争犯罪の凄まじさはナチ・ドイツの蛮行に匹敵します。
橋本 ベトナムへ行ったのは19歳の時、ショックでした。子どもが後遺症をもっていて、例えば私と同じ年齢なのに身長は幼稚園児並み、ああ戦争は終わっていないなと感じました。それでも「私たちは幸せだから泣かないで」とおっしゃって、それが辛くて…。二度と戦争はしてはいけない、戦争はやめようと訴えてきました。
長南 日本もかつてアジアの国々を侵略し、同じことをしました。敗戦後の極東裁判で戦争犯罪を裁かれたのに、イラク戦争でもファルージャで住民を虐殺して戦争犯罪を繰り返すアメリカと一体の戦争国家に踏み出しました。これは歴史を冒涜する犯罪です。
橋本 アメリカが世界の警察なんておかしな話。パリのテロのように武力に武力は負の連鎖を生むだけです。長南もしオランド大統領がイスラム国(IS)を空爆しなかったら大統領をクビになっていたでしょう。
橋本 世論ですね。テロに屈しないというキーワードで各国が空爆に協力しています。空爆によって罪のない人たちが自国民が受けたと同じ悲惨に遭うのに、政治に想像力が欠けています。
長南 パリのテロの前にレバノンで同時テロがあり、大勢の人が犠牲になっているのに、日本ではほとんど報道されていません。
橋本 報道を多面的に考える必要があります。本当に空爆によって解決するのかも。ISが生まれた背景などを考えて、戦争にならない解決の道を探らなくてはいけないと思います。
長南 安倍首相は対IS戦争に加担を表明したので、日本でもテロが起きる可能性が生まれました。日本国民は、共謀罪などによる縛りがきつくなり、自由にものが言えなくなる恐れがあります。橋本大義の名の下に、暴力の連鎖にはまってはいけません。
長南 PKOでドンパチやって自衛隊員が死ぬようなことになれば、日本は戦争のできる国にどんどんはまっていきます。
橋本 70年間戦争をしていない平和国家だからこそ友好の仲立ちができるのに。
長南 安保法制が成立した昨年は高校生に対する自衛隊の入隊勧誘がすごい。市役所の窓口で名簿を書き写してゆき、生徒にダイレクトメールを送る。今後は戦争を嫌って入隊者が減る、そこで若い人の貧困につけこんでアメリカのように経済的徴兵制がまかり通るようになりかねない。
橋本 戦地に行って、後方支援をするとはどういうことか考えてほしい。イラク派兵は、帰国後に多くの自衛隊員が自殺しています。長南動く者は全て殺せと命令されて子どもを殺し、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に罹り、自殺する帰還米兵が大勢います。
橋本 だから、何の罪もない人を殺す戦争はいけない。
長南 私はずっと「安心して働ける世の中をつくろう」と思い、活動してきました。橋本さんはどんな世の中を希望していますか。橋本うーん、子どもがいるので戦争に関わる世の中は絶対ダメです。平和で今の9条があって、原発のない世の中であってほしい。
長南 貧困と格差のない社会であってこそ平和ですよ。それが本来の積極的平和主義なのです。
橋本 心の豊かさを育んでいけるような世の中であってほしい。若い世代もどんどん自分たちの声をあげていくことが大切。
長南 沖縄の辺野古も関係していますね。
橋本 ええ、基地移設は絶対反対と声をあげています。制服向上委員会は「左翼アイドル」などと言われますが、左翼でも右翼でもなく、キヨク。良くないことにNO!それだけです。
長南 この夏には戦後日本の岐路を画す参院選があります。
橋本 あれだけの人が国会前に集まっても聞く耳を持たない安倍政治に代る政治を代弁してくれる人を応援し、少しでも現状を変えたいですね。
長南 新しいアルバムを出されました。
橋本 はい、寺山修司さんの詩17篇を歌と朗読、トークで表現した『もし、ママになろうとしていたら』です。作曲・プロデユースは『時には母のない子のように』を作った田中未知さんです。想像力を失った世界は滅びる。今の時代に必要なメッセージを、ぜひ聴いてください。
長南 聴くのが楽しみです。今日はありがとうございました。



 
 ↑上にもどる
一覧へ
TOPへ