新社会党
  1. トップ
  2. 週刊新社会
  3. 今週の新社会
  4. 2016.03.08
 

統一候補で勝つ


 参院熊本は阿部広美さん


 参院熊本選挙区(定数1)で市民と野党5党(民主、共産、維新、社民、新社)の統一候補、阿部広美氏(49歳)の支援集会が2月27日、熊本市内であり、2000人が参加した。 阿部氏の選挙母体は「熊本から民主主義を!県民の会」(略称・くまみん)。相手は自民党の現職。3年前の参院選では民主党の現職候補が自民党新人にダブルスコアで負けているだけに待望の統一候補の実現だ 阿部氏は弁護士。あまりにひどい安倍政治に憤り立候補を決意。市民団体「戦争させない、9条壊すな!熊本ネット」が昨年末に安保関連法の廃止など3項目の要望書を5党に提出し、後押しした。 集会では学生団体「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基さんが駆け付け、「個人を大事にしない国に未来はない。民主主義の最前線がここにある」と訴えた。 (熊本発)


 衆院北海道5区補選も


 4月の衆院北海道5区補欠選挙で、市民団体「戦争させない北海道をつくる市民の会」(民主党北海道、共産党道委員会、上田文雄前札幌市長らが呼びかけ人)は共産党が公認予定候補を取り下げたことを受け、民主、維新、社民3党が推薦した池田真紀氏(43歳)に一本化することに合意、2月19日に協定が締結された。新社会党は16日に渋谷澄夫委員長が要請した。同補選は町村信孝前衆院議長の死去に伴うもの、後任に町村氏の娘婿が名乗りを上げている。 (北海道発)


 
 ↑上にもどる
一覧へ
TOPへ